診療内容

虫歯の治療

最近テレビなどで再石灰化という言葉をよく耳にします。
虫歯なら何でも再石灰化が起こり、治癒するのでしょうか?
再石灰化とは、ごく初期の虫歯をうまくコントロールすることによってのみ起こりえる現象です。
では、ごく初期の虫歯とは?削るか様子を見るかは歯医者さんの経験と勘のみによって決められるのでしょうか?
当院ではレーザーを利用した診断器を用い、虫歯の程度を数値化しその値を参考にして治療方針を決定します。もちろん検査に痛みはありません。
またMI(ミニマムインターベンション)に基づき、虫歯の削る量を常に最小限に抑え、できるだけ歯を残す治療を行ないます。

小児歯科

子供の歯(乳歯)は大人の歯よりやわらかく、虫歯になりやすいので、定期的な検診で変化を見逃さないことが大切です。

フッ素塗布

当院では、フッ素を含んだ歯面コーティング材の塗布を行なっております。

1)どんな素材?

歯の詰め物と同じ材料で作られているコーティング材です。フッ素など6種類のミネラルイオンを放出します。

2)継続してフッ素の効果を得るために

フッ素入りのハミガキ剤やジェルをお使いください。フッ素をコーティング材に補充することができます。

3)更に長持ちさせるために

歯の表面にコーティング材を塗り、光を当ててかためれば完了です。
コーティング材は歯の色に近いので、見た目の違和感はほとんどありません。
・フッ素ジェルを塗布するだけの方法より長持ちします。
・歯を傷めないよう接着剤を使わずにコーティングします。