マイクロスコープによる治療

根管治療

虫歯が大幅に進行して、歯の根の部分まで虫歯が進行した場合、この根管治療を行ないます。
通常は、リーマーやファイルと呼ばれる器具で歯の内部をキレイにするのですが、とても根気と時間のかかる治療です。
というのも、歯の根の形は様々で直接見ることが難しく、完全に菌を除去しないと何度も虫歯が再発してしまうのです。
マイクロスコープを使えば、肉眼では見えないものが見えるようになり、診断の精度が大幅に向上するので、より確かな根管治療が可能になります。

審美性の高い修復

マイクロスコープは通常のルーペに比べて明るく、細かい凹凸までよく見えるので精度の高い治療が可能になります。
また画像の撮影もできるので患者様に現在の状況をわかりやすく伝えることができます。
このマイクロスコープと自費診療の材料と合わせると極めて精度の高い、見た目に自然な歯の修復が可能になります。